ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

労働安全衛生の推進

安全・健康な職場づくりに取り組んで行きます。

安全衛生基本方針

日立グループは「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」という創業以来の企業理念に基づき、全ての事業活動において『安全と健康を守ることは全てに優先する』との不変の基本理念の下、安全・健康な職場づくりに取り組んで行きます。

安全衛生活動

日立社会情報サービスでは、安全衛生基本方針に基づき、「安全と健康を守ることは全てに優先する」を基本とし、労働災害を予防するため、安全衛生に関する活動、取り組みを実施しています。

【2018年度重点取り組み項目】

(1)職場内の5S徹底と安全巡視強化による職場内災害リスク低減
・産業医・保健師による本社・事業所ビルの定期巡回実施による5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)徹底
・分散拠点(プロジェクトルーム含む)の巡視実施

(2)「従業員一人ひとりの健康増進」に向けた安全衛生管理面からの一層のアプローチの充実
・日立健康保険組合による心身の健康維持・向上施策の継続実施(生活習慣病予防、特定保健指導、はらすまダイエットなど)
・産業医・保健師による階層別教育の実施(新人教育、課長研修など)
・スムーズな復職・安定的な勤務に向けた復職支援ガイドラインの定着
・定期健康診断・人間ドックの従業員100%受診
・メンタルヘルス対策の強化(ストレスチェックの実施、高ストレス者面談の実施)

(3)地震、火災などに対する危機管理対策の継続推進
・災害発生(自然災害を含む)を想定した実践的な定期訓練の実施
・緊急連絡網の整備と定期訓練の実施(安否確認システムへの登録徹底)

(4)「基本と正道」の徹底
・法令・規則・基準などの遵守の徹底
・危険・飲酒運転を絶対にしない(させない)ための交通安全教育の実施
・地域社会との共生・共存

安全活動の取り組み

安全活動の取り組み内容
職場巡視の実施 毎月、本社ビル・事業所ビル・分散拠点ビルの巡回実施により、職場内災害リスク低減を図る
安全教育の実施 毎月、安全衛生委員会にて、災害事故事例の活用により、再発防止の徹底を図る
安全意識高揚施策の実施 年2回、各職場による5Sチェックの実施により、災害ポテンシャルの発見、是正による安全意識の高揚を図る

衛生活動の取り組み

衛生活動の取り組み内容
メンタルヘルス予防

階層別研修(新人、新任主任、課長など)の実施
ストレスチェック(全従業員)の実施
ストレスコーピング講習の実施
復職支援の構築と予防強化

フィジカルヘルス予防

定期健康診断・人間ドックの従業員100%受診
特定保健指導(生活習慣病予防)の実施
日立健康保健組合による健康増進イベントの実施

 防災活動の取り組み

 防災活動の取り組み内容
防災予防

各ビル避難訓練実施による有事の際の避難行動の習得
安否確認訓練メール配信の実施
事業継続計画書(BCP)の策定と定期的見直し