ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

日立社会情報サービス、「テレワーク・デイズ 2019」に特別協力団体として参加

〜全社員を対象に3年連続で参加、多様な働き方を推進〜

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2019年7月23日
株式会社日立社会情報サービス

日立社会情報サービス、「テレワーク・デイズ 2019」に特別協力団体として参加
〜全社員を対象に3年連続で参加、多様な働き方を推進〜


「テレワーク・デイズ 2019」バナー画像

 
株式会社日立社会情報サービス(代表取締役 取締役社長:任田 信行)は、総務省などが東京都や関連団体と連携して実施する、働き方改革の国民運動「テレワーク・デイズ2019」に「特別協力団体*1」として参加します。

*1
テレワークの実施に際し、(1)5日間以上実施、(2)7月24日(水曜日)に100名以上実施、(3)効果測定(実施人数、コスト削減の効果等)に協力可能な団体

当社は「テレワーク・デイズ」を柔軟な働き方を推進する契機ととらえ、2017年より本運動に参加してまいりました。昨年からは取り組みを拡大して「特別協力団体」として参加し、多くの社員がテレワークに取り組んだことで、利用の定着を図ることができました。

今年度は、タイム&ロケーションフリーワークの推進と、2020年東京大会会場周辺に位置する企業として円滑な大会運営に向けた協力を行うことを主旨に、昨年と同様「特別協力団体」として参加します。

「テレワーク・デイズ 2019」における当社の取り組み内容

  • 7月22日(月曜日)から8月2日(金曜日)までを参加推奨期間として、テレワークを推進
  • 参加推奨期間中、のべ400名がテレワークを実施予定
  • 時差通勤や休暇取得推進による、朝(7時〜9時)の通勤者数削減
  • テレワーク・デイズ実施後の社内アンケートによる効果測定

今後も当社は、社員が生き生きと活躍しながら生産性向上を実現できる環境の構築をめざして、働き方改革へ取り組んでまいります。

「テレワーク・デイズ」公式Webサイト

当社の「CSR(企業の社会的責任)」の取り組み

本件に関するお問い合わせ先

株式会社日立社会情報サービス
コーポレート・コミュニケーション部 広報グループ [担当:森崎・照屋・原]
〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島一丁目1番2号 横浜三井ビルディング 11階
電話:045-222-6408(直通)

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。