ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

お問い合わせフォーム
インメモリ型BIプラットフォーム「QlikView」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

地図機能の連携により、視覚的な分析が可能に

Qlik GeoAnalyticsは、Qlik SenseおよびQlikViewのオプションとして、分析画面に地図チャートを組み込むことができる製品です。地図チャートを組み込むことで、位置関係を視覚的に捉えたデータ分析が可能です。
複数のレイヤーを組み合わせた地図チャートを構成し、より幅広い分析を実現できます。

地図チャートの例

Qlik GeoAnalyticsには、多彩なレイヤーが用意されています。レイヤーはそれぞれエクステンションとして扱われます。

バブル レイヤー
ポイント情報を地図上に表現します。店舗ごとの売上などの分析に使用します。

エリア レイヤー
エリア情報を地図上に表示します。地域ごと、都市ごとの分析に使用します。

バブル・エリア レイヤー
複数のレイヤーを同時に表示することで単一レイヤーよりも幅広い分析が可能です。

ヒートマップ レイヤー
データの密集度合を地図上に表現します。

ライン レイヤー
2点間を直線または曲線でつなぎます。倉庫から各店舗への出荷量などを可視化できます。

チャートレイヤー
地図上のポイントにミニチャートを埋め込むことができます。

Qlik GeoAnalyticsのユースケース

マーケティング

販売地域内で売り上げが思わしくない地域へのマーケティングキャンペーンのターゲットを把握することが可能です。

資料請求・お問い合わせ

インメモリ型BIプラットフォーム「QlikView」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。