ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

お問い合わせフォーム
中国、東南アジアIP-VPNネットワークサービスに関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

MPLS-VPN

安定性を重視するお客様向け

MPLS-VPN

当社が提供する国際バックボーン回線(MPLS-VPN*1)を利用し、お客様拠点と国際バックボーン回線の間を専用線でつなぐ、高速で高品質なネットワークサービスです。専用線を利用した閉鎖網のため、セキュリティと通信品質を確保することが可能です。お客様からの情報を基に当社にて、専用線の準備や設定作業等をするため、簡単に導入することができます。日本と海外拠点を接続する回線やルータ等は24時間監視・保守を実施します。

エントリーVPN

エントリーVPN

インターネットVPN*2と国際バックボーン回線を併用した高品質でリーズナブルなネットワークサービスです。インターネットでは、IPsecによるデータの暗号化・認証等により、セキュリティを確保します。各POP*3から拠点までの回線は、インターネットVPNまたはMPLS-VPNを選択可能です。日本と海外拠点を接続する回線やルータ等は24時間監視・保守を実施します。

価格と品質のバランスを重視したいお客様向け

価格と品質のバランスを重視したいお客様向け

日本国内はインターネットVPNを使用し、日本のPOPから現地拠点までMPLS-VPNを利用するサービスです。海外拠点でインターネット回線を使用せずに安定した回線を利用したいお客様に適しております。

ミャンマー連邦共和国に進出を検討しているお客様向け

ミャンマー連邦共和国に進出を検討しているお客様向け

インターネットVPNと当社国際バックボーン回線を併用することで、ミャンマー進出にあたって課題となるネットワークの安定性や性能を確保する*4サービスです。お客様の利用条件や場所等によりますが、日本とミャンマーをMPLS-VPNサービス等の専用線で接続するよりも費用を10-50%に抑えられるケースもあります。ミャンマーのお客様拠点から、当社のシンガポールPOPまたは香港POPまでインターネットVPNで接続します。
なお、サービスの導入に先立ち、ミャンマーのお客様拠点でのインターネット性能評価をお勧めします。当社から評価方法をご案内しますので、専門的な知識は必要ありません。

当社で直接サポートできない国や拠点に進出を検討しているお客様向け(エントリーVPN Lite)

当社で直接サポートできない国や拠点に進出を検討しているお客様向け(エントリーVPN Lite)

当社で直接サポートができない国や拠点でも、エントリーVPNサービスをご利用いただけます。あらかじめ、ルータを二式(本ルータ及びバックアップルータ)お客様にお渡ししますので、お客様ご自身で海外拠点へのルータ送付及び設置、インターネットの接続をしてください。ルータのコンフィグ確認及び回線接続確認や日本と海外拠点を接続する回線とルータの監視は当社で実施します。ルータの故障時、バックアップルータへの交換及び故障したルータの当社への返送はお客様にて実施ください。

コストや納期を重視するお客様や多くの拠点があるお客様向け

コストや納期を重視するお客様や多くの拠点があるお客様向け

日本と海外拠点を接続するPOP間は、国際バックボーン回線を使用し、各国内はインターネットVPNを利用する価格と性能を兼ね備えたネットワークサービスです。海外拠点と日本でインターネットを利用するため、極めて短期間(インターネット環境をお持ちならば2〜3週間程度)で構築でき、既存のインフラ活用を図ることもできます。また、拠点の増設や移設も簡単に行えるので、短期間での導入が必要なお客様向けのサービスです。

VPLS

日本と海外拠点間をひとつのネットワークとして接続したいお客様向け

日本と海外拠点間をひとつのネットワークとして接続したいお客様向け

MPLS網を用いてVPLS*5(広域イーサネットサービス)を提供いたします。同じVPLSインスタンスの全拠点は、あたかも同じLANに属しているように見え、自由なネットワーク設計ができるため、日本と海外拠点間を1つのセグメントとして管理する事が可能となります。Layer2のサービスですので、IP以外のプロトコルを使用したいお客様向けのサービスです。日本と海外拠点を接続する回線は24時間監視・保守を実施します。

SSL・IP-VPN

海外拠点でフレキシブルなモバイル接続をしたいお客様向け

海外拠点でフレキシブルなモバイル接続をしたいお客様向け

MPLS-VPNもしくはエントリーVPNのご契約を前提に、SSL-VPN*6を組み合わせ、海外のお客様拠点だけでなく、出張先や外出先等から簡単にセキュアに、日本拠点にあるサーバへの通信を実現します。 また、接続可能な端末は、PC端末に加えて、モバイル端末*7も対応しています。本サービスによるルータ設置やソフトルータのインストールは不要で、セキュアなVPN通信を手軽に導入することができます。

日中インターネットアドレス変換サービス

日中インターネットアドレス変換サービス

日本側のサーバに中国側の不特定クライアントからインターネット経由で接続すると、回線品質の問題が生じる場合がありますが、本サービスでは、日中国際間にIP-VPNを利用し、中国ドメイン名を日本名アドレスに変換し、日本へのサーバアクセスを中国内で処理しているような環境を実現することにより、ストレスのないレスポンスを実現いたします。
高トラフィックにも耐え、不特定多数のクライアントから容易にかつ高速なインターネット接続を実現します。

インターネット回線の高速化には、このほかにもハードウェア利用する方式、インターネットのルーティングを固定化する方式など各種の方法がございます。
最適な方法をご提案いたしますので、お客樣のニーズをご相談ください。

回線速度

MPLSを利用したネットワークの回線速度は、128kb〜Gbitクラスまでご要望に応じてご提供します。

*1
MPLS-VPN:Multi-Protocol Label Switching-Virtual Private Networkの略
*2
インターネット回線についてはお客様ご契約の回線を利用させて頂きます。 但し全体の回線性能はご利用のアクセス線(インターネット及びLAN)性能に左右されますので、導入に先立ちあらかじめご契約のインターネット品質のご確認をお勧めします。品質に応じ、インターネット回線の入れ替え、帯域拡大等が発生する場合がございます。
*3
POP:Point Of Presence の略
*4
日本とミャンマー間を国際インターネット接続した場合に比べて、ネットワークの安定性や性能を確保することが可能です。但し全体の回線性能はご利用のアクセス線(インターネット及びLAN)性能に左右されますので、導入に先立ちあらかじめご契約のインターネット品質のご確認をお勧めします。品質に応じ、インターネット回線の入れ替え、帯域拡大等が発生する場合がございます。
*5
VPLS:Virtual Private LAN Serviceの略
*6
SSL-VPN:Secure Socket Layer Virtual Private Networkの略
*7
海外拠点で利用可能なインターネット環境をご準備ください。また、 iPad、 iPhone、 Androidの場合は端末にあらかじめ、SonicWALL Mobile Connectをインストールする必要がありますので、お客様にて実施してください。

資料請求・お問い合わせ

中国、東南アジアIP-VPNネットワークサービスの詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。