ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

SDK

お問い合わせフォーム
顔認証「FaceViTAL」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

さまざまなアプリケーションにFaceViTALの顔認証技術を組み込むための開発キットです。

特長

ライブラリで提供

ライブラリで提供

顔認証エンジンをライブラリで提供します。様々なアプリケーションに顔認証機能を連携させることができます。

シンプルなAPI

シンプルなAPI

顔認証に必要な最低限の機能をAPI化しました。カメラとの連携方法やデータの保存などはアプリケーション側で自由に構築することができます。

サンプル提供

サンプル提供

すぐに顔認証を試せる簡単なサンプルアプリケーションと、ソースコードを提供します。顔認証のアプリケーション導入が短期間で実現します。

動作環境

Windows

Windows
OS

Windows 7 SP1以上 32bit/64bit
Windows 8.1 Pro Update 32bit/64bit
Windows 10 Pro Version 1703 (OS build 15063)まで 32bit/64bit

CPU x86 または x64 1GHz以上
メモリ 512MB以上
開発環境 Microsoft Visual C++ 2015

iOS

iOS
OS iOS 10以上
開発環境 Xcode 8以上
対応機種

iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7,
iPhone 7 Plus, iPad (4th Generation), iPad Air, iPad Air 2

Android

対応機種及び対応OSのバージョンは別途ご相談願います。

*
掲載の情報は2018年1月時点での情報です。
今後リリースされるOS及び機種の対応や、掲載のOS以外のOSにつきましては、別途ご相談願います。

資料請求・お問い合わせ

顔認証「FaceViTAL」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。