ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

お問い合わせフォーム
メールアーカイブ&フィルタ「WISE Audit」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

「WISE Audit」のオプション機能に関するご紹介です。

6つのオプション機能

Exchange/Dominoサーバ対応オプション

メールサーバのジャーナル機能を利用して、アーカイブを行うためのオプション機能です。
オプションを使用することで、メールサーバ内で処理される社内間の送受信メールをアーカイブすることが可能です。

対応製品

Microsoft Exchange Server 2003SP2、2007SP3まで、2010SP3まで、2013CU1まで
Lotus Notes/Domino 8.0/8.5

*
メールサーバ側でジャーナル設定が必要となります。

eディスカバリオプション

eディスカバリが発動された「有事」の際に、電子情報開示参考モデル(EDRM)に沿った迅速スムーズな運用を可能にする機能です。
eディスカバリが未発動または、国際的法規による訴追された状態でない「平時」の監視・監査にも利用できる機能も搭載しました。

機能詳細:有事の機能

訴訟ホールドの設定
訴訟の開始が予測された時点で、対象期間を定めアーカイブメールについて訴訟ホールドを実施。

  • 各種自動削除停止
  • 管理者への警告メール送信 ほか

関連メールの絞り込み
対象期間内のメールから、関連性の高いメールを複数の手段を用いて特定。

  • 自然文を入力したあいまい検索による絞り込み
  • 提出不要なメールを除外する検索対象外設定による検索
  • メール相関関連検索を使用した、関係者メールの送受信者のアドレスの絞り込み

絞りこんだメールのレビュー
特定したメールを、複数の担当者で分担してレビューし、提出の要不要を判定。

  • バッチキーワード検索結果リスト保管
  • エクスポート対象タグ付与
  • 検索結果レポート出力(概要説明・承認用)

提出用レポート作成
提出必要と判定したメールについて、改ざんされていないことを明記したサマリレポートと、全メールのEMLファイルを出力。

  • 改ざん判定
  • EMLバッチ出力
  • 検索結果レポート出力(提出用)
  • ログ機能

機能詳細:平時の機能

要注意キーワード監視
監視対象キーワードとおよび監査担当者を事前に設定し、定期チェックを実施。

  • 監査管理者と担当者ロール設定
  • 要注意キーワードの登録

インシデント管理
問題の可能性のあるメールの選定するために、定期的に自動でキーワード検索を実行し、検出されたメールは定められた担当者に振り分けて通知。

  • バッチキーワードスケジュール設定
  • 監査対象メールの担当者への自動振り分け
  • インシデントによる管理者の振り分け

監査
担当者は問題メールの危険度を判定し必要に応じてコメントを追加。

  • 監査結果フラグと理由とコメントの登録
  • 監査結果レポート作成
  • 監査催促メール

定期報告
監査結果の定期報告に対応。

  • 定期レポート自動作成

個人検索オプション(PSO)

管理者だけでなく、ユーザ自身によるメールの検索・閲覧・復元が可能となるオプション機能です。

機能詳細

個人検索項目

  • 送受信メールの区分選択(必須)
  • 差出人・宛先アドレスの指定(複数指定可能)
  • 検索キーワード条件
  • 対象期間
  • 添付ファイルの有無、添付ファイル名

ログイン認証

  • POP3またはLDAPによる認証をサポート
  • ユーザID、ドメイン名、パスワードによる認証

対応ブラウザ
Microsoft Internet Explorer 6以上

サーバ構成
WISEAudit本体と同居可能
※ユーザ規模、検索頻度等により異なります。

個人検索オプション(PSO)画面

個人保留キューオプション(PQO)

社内より送信されたメールにフィルタリング処理を行い、誤送信の疑いがあるなどと判断された場合、メールを送信せずに個人保留キューに保留するオプション機能です。
個人保留キューツールを使用して、送信者は自分の保留キューにアクセスし、誤送信の疑いのあるメールの内容を確認できます。

機能詳細

PQO条件フィルタ
誤送信判定に使用するフィルタリング条件として次のようなものが用意されています。

  • 社外宛メールか
  • 添付ファイル付きか
  • 上司CCのないメールか
  • 保留対象除外者か
  • 許可された宛先か など。

条件フィルタにヒットしたメールを配信制御
個人保留キューへ留め置き、本人にエラー返信、配送。

個人保留キューへ留め置かれたメールのユーザ操作
通知メールから各自の保留キューにアクセスし、閲覧、削除、配送を実行。

保留通知メール・督促メール・自動削除&通知メール

POP3 または LDAPによる認証
ユーザID、ドメイン名、パスワードで認証。

対応ブラウザ
Microsoft Internet Explorer 6以上。

個人保留キューオプション(PQO)画面

時間差配送機能オプション

社内より送信された、社外宛先を含むメールに対して、指定時間メール配送を保留(待機)し、保留(待機)時間経過後自動的にメールを配送します。
メール送信者は、保留メール操作ツールにブラウザでアクセスし、自分自身の保留メールに対し、閲覧、削除、配送等の操作を行うことができます。

機能詳細

時間差配送条件フィルタ
時間差配送に使用するフィルタリング条件として、以下の条件を用意しています。

  • 社外宛メールか
  • 保留対象除外者か

メールごとに保留(待機)時間設定
送信者別、送受信ドメイン別に、保留(待機)時間の決定。

個人保留キューへ留め置かれたメールのユーザ操作

  • 各自の保護キューにアクセスし、閲覧、配送予定日時の確認。
  • 各自の送信メールの削除、配送の実行。

POP3 または LDAP による認証
ユーザID、ドメイン名、パスワードで認証。

個人保留キューオプション(PQO)との運用

  • PQOと本オプションを同時に運用可能。
  • 保留メール操作ツールの共通利用。

対応ブラウザ
Microsoft Internet Explorer 6以上。

時間差配送機能オプション画面

*
本オプションはWISE Auditフィルタリングサーバに追加でインストールします。

ZIP暗号化オプション

社内より送信された社外宛先を含むメールに対して、メールの本文または添付ファイルを自動圧縮・暗号化して送信し、別メールで暗号化ファイルの復号に必要なパスワードを送信します。
送信者は、パスワード通知メールキャンセルツールにブラウザでアクセスし、通知メールの配送キャンセルの操作を行うことができます。

機能詳細

ZIP暗号化アクションの追加
WISE Auditのフィルタリングでの動作に「ZIP暗号化」が追加されます。

パスワード通知メールキャンセルツール
ZIP暗号化した際のパスワード通知メールキャンセルツールがWISE Auditに追加されます。
これにより、送信先を間違えた場合などに、解凍パスワードの通知をキャンセルし、添付ファイルの内容を送信先で確認できないようにすることが可能です。

パスワード通知方法
解凍パスワードの送信先への通知は、自動通知する/しないをシステムで共通のルール*1として設定可能です。
送信先にパスワードを自動通知しないとした場合には、送信者が暗号化通知メール記載のパスワードを送信先へ別途メール・電話等で通知する必要があります。

*1
パスワード通知方法は、暗号化のルール毎に個別に設定することはできません。

資料請求・お問い合わせ

メールアーカイブ&フィルタ「WISE Audit」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。