ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

ブリヂストンソフトウェア株式会社様

迅速に取り出せてこそ、生きたアーカイブに。
リスクマネジメントに即応できるメール管理体制を実現。

お問い合わせフォーム
メールアーカイブ&フィルタ「WISE Audit」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

国内100か所以上の拠点に、約13,000メールアカウントを持つブリヂストングループ。そこで送受信されるすべてのメールを保存し、要請に応じて素早く抽出・参照できる管理体制を「WISE Audit」によって構築しました。その管理を担当するブリヂストンソフトウェア株式会社様の皆さまに、導入までの経緯と、運用後の感想をお聞きしました。

  • 取締役 システム技術部長 下田 完司 氏
  • システム技術部 ネットワーク・CS 管理課長 上野 謙一郎 氏
  • システム技術部 C/Sシステム管理グループ リーダー 鶴田 和弘 氏
  • システム技術部 C/Sシステム管理グループ 渡部 大輔 氏

導入までの経緯
「保存」から「抽出・参照」へ。メールアーカイブの目的変化に対応できるシステムを探していました。


下田 完司 氏

株式会社ブリヂストンでは12年前に、社内のIT化を図るプロジェクトを立ち上げ、社員1人にPC1台という業務環境を整えていました。それと並行して、メールの保存管理のシステム化も進めてきましたが、セキュリティやコンプライアンスへの関心が高まるにつれ、ただ保存しておくだけでなく、必要なときに必要なメールを抽出して参照できる環境の確立が求められてきました。そこで、従来システムでシミュレーションを行ったところ、抽出作業には5〜6人がかりでも約1週間かかることが分かりました。こうした状況への解決策として、検索機能を重視した新たなメール管理システムの必要性を感じ、日立INSからの提案を受けて「WISE Audit」の導入を決定しました。

システム導入の効果
緊急の要請にも対応できるメール管理体制を準備できたことに満足しています。


上野 謙一郎 氏

「WISE Audit」の導入により、バックアップのための保存が主目的であった従来のメールアーカイブシステムとは違い、必要なメールを素早く抽出することが可能になりました。私たちの部署にメールの抽出依頼が来るときは、証拠となるメールの確認など迅速な対応を要求されることが想定されるので、こうした体制を確立できたことに満足しています。また、検索条件に該当するメールをまとめて参照できる機能などによって、現場からのメール検索の依頼にも効率的に対応できるようになりました。


鶴田 和弘 氏

【導入効果1】メール抽出時間を大幅に短縮
導入前のシミュレーションでは、従来システムでおよそ560時間(6人×1週間)かかった抽出作業を、1人が約5時間で完了。大幅な短縮効果を実証しました。

【導入効果2】さまざまな条件での検索が可能に
送受信の期間やメールアドレスなどから検索するだけでなく、文中のキーワード検索機能などにより、ホームページを探すような要領でメールを探し出せます。

【導入効果3】機能、容量とも柔軟な拡張性を装備
例えば容量的には、1年に25パーセントずつメールが増加すると想定して今後5年間は保存できるように、また、メールアカウントが2万人を超えても対応できるシステムとしています。

今後の運用
今後予想されるメールの増加にも、柔軟に対応できる拡張性に期待しています。


渡部 大輔 氏

製造業である当社では、設計図面や試作品の写真など機密性が高く、大容量のデータがメールで送受信されます。また、国内外の拠点を結ぶコミュニケーション基盤として、メールの果たす役割は今後ますます重要になると考えています。「WISE Audit」の導入に際しても、こうした状況を見据えてシステムを構築してもらいました。運用後のサービス対応も含めて、状況の変化への柔軟な対応と拡張性にも期待しています。

導入システムの構成とシステム図

導入システムの構成
WISE Audit サーバ 4台(フィルタ・アーカイブサーバ共存)
平均メール流量 1日27万通
対象アカウント数 約13,000人
アーカイブ対象 社外⇔社内、社内⇔社内で送受信する全メール

システム図

お客さまの会社概要

  • 社名:ブリヂストンソフトウェア株式会社
  • 所在地:東京都小平市小川東町1-22-12
  • 設立:1986年4月1日
  • 代表者:古屋 隆幸

導入事例リーフレットのダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
*
日立INSソフトウェア株式会社は2018年4月より、株式会社日立社会情報サービスに社名を変更しました。
*
本事例中の「日立INS」は、日立INSソフトウェア株式会社を略称として表記したものです。
*
本事例中に記載の内容はインタビュー当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

メールアーカイブ&フィルタ「WISE Audit」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。