ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

お問い合わせフォーム
セルフサービス型BIプラットフォーム「Qlik Sense Enterprise」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Webサイトを利用して、より多くの人が分析できる

Qlik Analytics Platformは、第三者アクセスが可能な分析プラットフォームです。Qlik Senseで作成したチャートやオブジェクト、シートをWebサイト提供者がWebページに組み込むことで、顧客や取引相手などにWeb経由で分析プラットフォームを提供することが可能です(別途Webサイトが必要です)。それぞれの視点で分析することで新たな気づきにつながります。

Qlik Analytics Platformで分析情報の新規作成やデータ取込、新たに分析チャートを追加することはできません。
Qlik Analytics Platformで課金をする利用目的には使えません(課金を行う場合は別途OEMの締結が必要となります)。

Qlik Analytics Platformのユースケース

【ユースケース1】会員サイト

これまでは、Webサイト提供者が伝えたい情報をサイトの利用者にプッシュ型で提供していました。Qlik Analytics PlatformをWebサイトに組み込むことで、会員などサイトの利用者がほしい情報を入手できるプル型の情報提供が可能です。利用者に知りたい情報を知りたい角度から自由に探索いただくことで、利用者の行動に変化をもたらし、新たな購買行動へ誘導することができます(顧客ロイヤリティの向上、購買行動の促進)。

ポイント:売上アップに貢献

サイト滞在時間をはじめ、回遊率やページビュー数の向上などが期待でき、売上アップにつながります。

ポイント:会員の視点で分析可能

Qlik Senseで作成したチャートを会員が自らの視点で分析できます。

【ユースケース2】販売代理店向けポータルサイト

製造メーカーに集約された販売データや卸データを公開し、各販売代理店が自社および製品ごとの販売傾向を基に次の販売戦略につなげることができます。

ポイント:分析情報の有効活用

販売分析結果を製造メーカーの社内だけではなく、各販売代理店にも提供します。代理店の視点で独自の分析を行えるため情報の有効活用が可能です。

ポイント:多角度な視点で情報に幅を持たせる

集計情報を多角度な視点で分析することで、情報に幅を持たせることができます。

資料請求・お問い合わせ

セルフサービス型BIプラットフォーム「Qlik Sense Enterprise」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。