ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

お問い合わせフォーム
電子透かしプリントソリューション Secure Unify / e-紙紋IIに関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

e-紙紋IIは、「透かし印刷」と「透かし検証」の2つの体系から成り立っています。「透かし印刷」は、社内ユーザが紙文書を印刷するときに、「透かし検証」は、社内管理者が紙文書の出所をつきとめたいときに使用します。

透かし印刷

e-紙紋II/透かし印刷アプリケーション

e-紙紋II/透かし印刷アプリケーションは、印刷物に電子的な「見えない透かし」を埋め込みます。この見えない透かしには、「いつ、誰が印刷した」などのデジタル情報が含まれています。しかも、印刷物の文字や画像自体に見えない透かしを埋め込むため、見た目は普通の印刷物とほとんど変わりません。

透かし印刷機能概要

目に見えない透かしとは別に、印刷物の背景に目に見える文字を埋め込みます。
下記のように場合に応じて使い分けることで、より効果的に紙文書からの情報漏えいを抑止することができます。

  1. デザインを損ねてはいけない文書(社外文書など):見えない透かしのみを埋め込む
  2. ある程度デザインを損ねてもよい文書(社内文書など):背景文字のみを埋め込む
  3. 社内の重要文書(極秘文書など):見えない透かしと背景文字を埋め込む。

e-紙紋II/背景文字印刷アプリケーション

e-紙紋II/背景文字印刷アプリケーションは、印刷物の背景に「目に見える文字」を埋め込みます。e-紙紋II/透かし印刷アプリケーションの背景文字機能のみに絞り込んだ製品で、印刷物の見た目で不正流出を抑止できます。

オプション機能:e-紙紋II/PrintWatcher(別途、購入が必要です)

e-紙紋II/透かし印刷アプリケーションまたはe-紙紋II/背景文字印刷アプリケーションと組み合わせて使用することで、プリンタを随時監視します。透かしが入っていない印刷をすると、印刷ジョブをキャンセルし、イベントログへ印刷禁止の警告を表示します。また、印刷ログを取得することによって、紙文書の不正持ち出しを抑止します。

透かし検出

e-紙紋II/透かし検証アプリケーション

e-紙紋II/透かし検証アプリケーションは、e-紙紋II/透かし印刷アプリケーションで見えない透かしを埋め込んだ印刷物からデジタル情報を検出します。透かし検出は、主にシステム管理者が行います。
また、一定の条件を満たしていれば、下記のような状態でも見えない透かしを検出することができます。

  • 印刷物にメモ書きされている
  • 印刷物の一部しか残っていない
  • 数回繰り返しコピーをした。

透かし検証機能概要

一般構成例

e-紙紋IIは各ユーザのクライアントPCにインストールします。
サーバを立てる必要はありません。

e-紙紋II構成例

上記構成は、e-紙紋IIを適用した一例です。

資料請求・お問い合わせ

電子透かしプリントソリューション Secure Unify / e-紙紋IIの詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。