ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

データサイエンティスト協会 6thシンポジウム

2019年10月17日(木曜日)、東京・丸の内で開催される「データサイエンティスト協会 6thシンポジウム」にて、当社が講演します。

本イベントは終了しました。ご来場いただき、ありがとうございました。

当日の様子

セミれぽ!(セミナーから見るデータ利活用最前線)資料のダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

データサイエンティスト協会 6thシンポジウムのご案内

2019年10月17日(木曜日)、東京・丸の内において、「データサイエンティスト協会 6thシンポジウム」が開催され、当社が講演します。ぜひ、ご来場ください。

開催概要

データサイエンティスト協会 6thシンポジウムの概要
セミナー名

「一般社団法人データサイエンティスト協会 6thシンポジウム
  〜実務者が集うデータサイエンスの最前線〜」

日時

2019年10月17日(木曜日)10時〜20時

会場

JPタワー ホール&カンファレンス(アクセス・地図
〒100-7004 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 KITTE 4階

主催 一般社団法人データサイエンティスト協会

当社のセッション

当社のスポンサーセッション
タイトル 「AIの前にやるべき"脱・データのブラックボックス化"」
講演概要 世界中のさまざまなものがインターネットにつながり、日々蓄積されていくデータは膨大な量に増加しています。業績向上・業務効率化に向けてデータを活用するためにAI導入に取り組んでいる企業が増えていますが、データの準備に手間と時間がかかり、「データ活用における仮説検証サイクル」が上手く回らずに思うような効果を出せていないのが現実です。本講演では、AIの活用を促進する前にサイクルの足かせとなっている”データのブラックボックス化”を抜け出す方法についてご紹介します。
日時

2019年10月17日(木曜日)13時25分〜13時55分

講演者

株式会社日立社会情報サービス
ソーシャルサービス事業部 ソリューションサービス本部・技師
盆子原 竜彦 氏

講演者プロフィール

盆子原 竜彦の写真

株式会社日立社会情報サービス 盆子原 竜彦 氏

当社入社後、10年以上にわたりエンジニア・営業の両面からデータ利活用事業の立ち上げに携わり、300社以上のデータ利活用システム導入に貢献。2018年より、Zoomdataの販売促進に従事。過去データを含む全件を網羅的に扱い、時系列に特化した対話型のデータ可視化を可能にするプラットフォームの展開に取り組む。

当社対象ソリューションのご紹介

先進テクノロジーによるIoTビッグデータの可視化分析「Zoomdata」

先進テクノロジーによるIoTビッグデータの可視化分析「Zoomdata」

非構造化データを含んだビッグデータ分析・IoT分野におけるストリームデータのリアルタイム分析を可能にするBIプラットフォームです。

先進テクノロジーによるIoTビッグデータの可視化分析「Zoomdata」

非構造化データを含んだビッグデータ分析・IoT分野におけるストリームデータのリアルタイム分析を可能にするBIプラットフォームです。