ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

データ利活用セミナー(2018年12月18日開催)

2018年12月18日(火曜日)東京・品川にて、データ利活用セミナーを開催します。

本イベントは終了しました。ご来場いただき、ありがとうございました。

当日の様子


セミナー会場の様子1


セミナー会場の様子2

セミれぽ!(セミナーから見るデータ利活用最前線)資料のダウンロード

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。

データ利活用セミナーのご案内

私たちを取り巻くデータは日々増加を続けています。リアルタイムに発生する、大容量で多様なデータ。このようなビッグデータをビジネスに活用することは、今日のトレンドとして一般的になりつつあります。しかし、データ量の増大に伴うデータ利活用システムのコスト増大・非構造化データへの対応・ストリームデータの取り回しなど、データ利活用への課題が大きく立ちはだかっているのが現状です。

本セミナーでは、Hadoopの特長を生かし、非構造化データを含んだビッグデータ分析、IoT分野におけるストリームデータのリアルタイム分析を可能にするBIプラットフォームである「Zoomdata」について、デモンストレーションを交えてご紹介します。

開催概要

データ利活用セミナーの概要
セミナー名

データ利活用セミナー

〜ビッグデータ先進テクノロジーによる新たな利活用プラットフォームのご紹介

日時

2018年12月18日(火曜日)15時〜17時(受付開始14時30分)

会場

ハーモニアス・コンピテンス・センター(アクセス
東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー13階   

対象 ビッグデータ利活用に関心のある方
主催 株式会社日立社会情報サービス
協賛 Zoomdata Japan株式会社、マップアール・テクノロジーズ株式会社

入場料

無料(事前登録制)

講演プログラム

講演プログラム
1.

【15:00〜15:30】
データ利活用事業のご紹介
蓄積された大容量かつ多様なデータのビジネスへの活用方法について、当社が提供するデータ利活用ソリューションと取り組み事例をご紹介します。

株式会社日立情報サービス
マーケティングセールス部

2.

【15:30〜16:00】
Hadoopのコンセプトを活かしたエンタープライズユース向け分散ファイルシステム
使い慣れたファイルシステム(NFS)のアクセシビリティとビッグデータ処理を両立し、大規模ストレージとしても利用可能なHadoopディストリビューションをご紹介します。

マップアール・テクノロジーズ株式会社
朝枝 浩毅 様

3.

【16:00〜16:30】
大規模IoTデータの可視化・分析プラットフォーム
非構造化データを含んだビッグデータ分析、IoT分野におけるストリームデータのリアルタイム分析を可能にするBIプラットフォームであるZoomdataについて特長や導入実績をご紹介します。

Zoomdata Japan株式会社
山本 豊 様

4.

【16:30〜17:00】
ビッグデータ利活用 ユースケースのご紹介
Zoomdataの特長である、以下2点についてデモンストレーションを交えてご紹介します。
・細分化したクエリーを用いて効率的にデータベースへ直接アクセスし即時可視化するZoomdata独自技術
・大容量かつ非構造化データを含むビッグデータへのアクセス・可視化分析と、ストリームデータの可視化

株式会社日立情報サービス
産業・社会ソリューション部

5.

【17:00】閉会

 
*
弊社は2018年3月よりZoomdata Japan株式会社とビッグデータ利活用事業における業務提携を行っています。

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。