ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

労務管理から始める働き方改革セミナー

2019年3月15日(金曜日)東京・品川にて、働き方改革セミナーを開催します。

本イベントは終了しました。ご来場いただき、ありがとうございました。

当日の様子

労務管理から始める働き方改革セミナーのご案内

この度、伊東社会保険労務士事務所の特定社会保険労務士である伊東 英人 氏を迎え、総務部門様が抱える労務管理や業務改善に関するお悩み解決セミナーが開催されます。
本セミナーでは、働き方改革関連法施行に向けて企業側が取り組むべき課題や最適な労務管理を実現するために必要な労働時間の見える化を実現するサービスの紹介をします。

開催概要

労務管理から始める働き方改革セミナーの概要
セミナー名

【人事総務部門の方必見】
労務管理から始める働き方改革セミナー

〜働き方改革関連法施行に向けて取り組むべき課題とは?〜

日時

2019年3月15日(金曜日)15時〜17時15分(受付開始14時30分)

会場

株式会社日立システムズ ソリューションスクエア東京(アクセス
(東京都品川区大崎1-2-1) 

対象

経営者さま、総務部門ご担当者さま、情報システム部門のご担当者さま

定員

20名

主催

株式会社日立システムズ

協力

伊東社会保険労務士事務所、株式会社 日立社会情報サービス

参加費

無料(事前登録制)
定員に達し次第、受付を終了いたしますので、あらかじめご了承ください。
SIer、同業他社などはお断りさせていただく場合がございます。

プログラム

プログラム
14時30分〜15時 受付

15時〜15時5分

挨拶

15時5分〜15時55分

第一部「働き方改革関連法施行に向けて取り組むべき課題とは」
2018年6月29日に働き方改革関連法が成立し、2019年4月から時間外労働の上限規制や年休の付与義務化等の各種施策が順次施行されます。これら施策の対応が遅れると、罰則の対象になったり、また、従業員の不満につながり、労使トラブルに発展する恐れもあり、早急な対応が求められます。
今回は働き方改革関連法の概要と、企業側で必要となる対策・対応について解説します。
伊東社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 CFP(日本FP協会認定)
伊東 英人 氏

15時55分〜16時5分

休憩

16時5分〜16時45分

第二部 BIツールを活用した勤怠状況の見える化
就業データを活用し、職制ごと(部長以上・課長・担当)に見たい情報を別画面表示し、さらに働き方改革関連法の遵守状況が日々確認出来るよう、見える化を実現。これらの取り組みにより改革意識の醸成と残業の平準化を実現しました。
株式会社 日立社会情報サービス
勤労総務部
高橋 暁彦

16時45分〜17時15分

第三部 「HIPLUS就業管理システムによる労務管理の課題に対する適用」
適正な労務管理の運用の実行手段として、就業・勤怠管理システムであるHIPLUS就業管理システムがどのように貢献するのか解説します。
株式会社 日立システムズ
池田 睦 氏

17時15分〜

個別相談会
プログラムは変更が生じることがありますので、あらかじめご了承ください。

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。