ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

メールの誤送信を防ぐセキュリティソフトウェア「WISE Alert」を販売開始

顧客環境やニーズに沿ったメールセキュリティを提供

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2022年5月11日
株式会社日立社会情報サービス

メールの誤送信を防ぐセキュリティソフトウェア「WISE Alert」を販売開始
顧客環境やニーズに沿ったメールセキュリティを提供

株式会社日立社会情報サービス(代表取締役 取締役社長:松谷 淳/以下、日立社会情報サービス)は、株式会社エアー(以下、エアー社)が開発したメール誤送信対策ソフトウェア「WISE Alert」について販売代理店契約を締結し、本日より販売開始します。


WISE Alertの機能(送信時にポップアップで表示される送信Alert画面)

近年、ワークスタイルの変革により在宅勤務やリモート会議が急増する中、メールの送受信件数も増加しており、メール誤送信による情報漏洩をはじめ、なりすましメール・マルウェア感染などのリスク対策の重要性が以前にも増して高まっています。

「WISE Alert」は、メールの送信時に「送信アラート画面」を表示することで、差出人、宛先、添付ファイルなどの情報を確認することができる、メール誤送信対策用のOutlookアドインです。また、フィッシングメールやビジネスメール詐欺など受信したメールに気づきを与える受信アラート機能も搭載しています。専用サーバ不要という導入の手軽さに加え、ポリシー設定などを一元管理できます。

日立社会情報サービスは、これまでも紙や電子メールなどの情報漏洩防止や、顔認証を活用したなりすまし・不正利用防御などセキュリティをサポートするソリューションを提供してきました。エアー社のメールセキュリティソリューション「WISEシリーズ」についても、膨大なメールデータの保存と効率的な管理を可能にする「WISE Audit」、添付ファイルを自動的に暗号化ZIPに変換したり、管理者が設定した条件に従ってメールの配送を保留したりする「WISE Attach」の2製品をすでに提供しています。今回は、「WISE Alert」を新たに販売ラインアップに加えることで、顧客環境やニーズに沿ったメールセキュリティを提供できるようになりました。なお、「WISEシリーズ」の3製品をすべて取り扱っているのは、国内で当社のみとなります。

「WISE Alert」の主な機能

  • メール送信時のポップアップ表示による注意喚起:メールの誤送信対策
  • 添付ファイルのOneDrive/Boxへの分離:PPAP*対策
  • 受信したなりすましメールなどへの警告:マルウェア対策
*
メールでパスワード付きのZIPファイルを送り、その後別メールでパスワードを送る、といったファイル共有方法。「Password(P)付きファイルを送ります」「Password(P)を送ります」「暗号化(A)」「Protocol(P)」の頭文字をとった言葉。セキュリティ面でのリスクが高く、禁止する企業が増加している。

「WISE Alert」のWebサイト

https://www.hitachi-sis.co.jp/wisealert/

価格

年間契約のサブスクリプションライセンスで提供します。
年額1,560円(税込み1,716円)/1ユーザーライセンス(50ユーザーまでの単価。50ユーザーを超える場合は別途お問い合わせください。)

商標注記

・WISE Alertは株式会社エアーの登録商標です。
・その他、本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先

株式会社日立社会情報サービス
CSR部 広報グループ [担当:森崎、照屋]
〒140-0013
東京都品川区南大井6丁目26番3号 大森ベルポートD館17階
お問い合わせフォーム:
https://inquiry.hitachi-sis.co.jp/webapp/form/24221_pvjb_8/index.do?a=43

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。