ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

国立大学法人浜松医科大学で今冬実施される、イムノクロマトグラフィ(抗原検査)の新検査法による新型コロナウイルスの偽陽性、偽陰性患者を検出する実証実験において、当社が画像解析で技術協力することになりました。

本実証実験では、浜松医科大学 光尖端医学教育研究センター ナノスーツ開発研究部と付属病院検査部が協力して、新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスの感染疑いがある患者に対して、イムノクロマトグラフィ(抗原検査)とPCR検査の両方を行います。

イムノクロマトグラフィ(抗原検査)とPCR検査の結果が異なる場合は、卓上電子顕微鏡を用いた再検証を行いますが、その際に必要となる画像内の金粒子数のカウントに、当社が本実証用に提供する画像解析ソフトが利用されます。

この実証実験により、新型コロナウイルス検査への信頼を高め、より安心な社会へとつなげる効果が期待されます。

関連ページ

関連リンク

流行予測AIを活用し、医療機関を中心としたさまざまなデータを基に、地域別の感染症の流行予報を提供します。
感染症予報サービスへ