ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

2021年3月に開催された「第1回Qlikデータソン Qlik Senseデータ分析コンテスト」において、当社参加チームが制作したアプリが「テクニカル賞」を受賞しました。
 
本イベントは、データアナリティクスプラットフォーム「Qlik Sense」を使用したデータ分析スキルを競うコンテストで、本ツールの開発元であるクリックテック・ジャパン株式会社の主催により開催されました。同社は、オンラインによる技術セミナーや学習会を拡充されており、本イベントは「ユーザーにこれまでの学習内容を定着いただき、さらなるスキルアップにつなげていただく」という目的で企画されました。
 
第1回となる今回は71名・29組が参加し、当社参加チームが作成したアプリは、特に技術レベルの高い作品に与えられる「テクニカル賞」を受賞しました。受賞においては、デザインや分析、ストーリー面における工夫点、高度な分析ダッシュボードなどが高く評価されました。

Qlikカスタマーサクセスサービス

当社は、Qlikデータソンでも評価された技術力で、お客さまがお使いのQlikView、Qlik Senseを活用し、プロジェクトの成功を支援する「Qlikカスタマーサクセスサービス」を提供しています。ご相談は無料です。ぜひお問い合わせください。

「第1回Qlikデータソン Qlik Senseデータ分析コンテスト」開催概要

コンテスト開催概要

イベント名

第1回Qlikデータソン Qlik Senseデータ分析コンテスト

開催期間

応募・制作期間:2021年3月9日(火曜日)〜2021年3月19日(金曜日)
表彰式:2021年3月25日(木曜日)15時〜17時(オンラインイベント)

対象

Qlik Sense利用者(エンドユーザー、パートナーどちらも可)

参加方法

事前配布される課題・データに基づきアプリを作成、分析結果とあわせて提出。

課題の内容

参加者は、Qlik Senseの導入が決定した、とある企業の営業部門に所属していると仮定。
分析アプリを作成し、データからどんなことが言えるかストーリーテリングにまとめる。

評価ポイント

・営業部門の要望を満たしているか。
・アプリのデザイン性・操作性を考慮しているか。
・分析から得られた洞察・発見をストーリーで適切に語れているか。
・Qlik Senseの機能を使いこなしているか。

定員 80名
参加費 無料
主催 クリックテック・ジャパン株式会社

受賞のポイント(事務局コメントより)

  1. データモデリングの正確さはもちろんのこと、アプリを作って終わりではなく、多数のユーザーが今後使い続けることが意識されている。
  2. データの取り込みなどをはじめとするQlik Senseで可視化するための準備フェーズでの工夫、スクリプトへのコメント付けなど丁寧な仕事が随所に見られた。
  3. データ可視化部分では、バラエティ豊か、かつ目的に応じたチャート選びで見やすいダッシュボードになっていた。
  4. プレゼンテーションでは、データを根拠とした業務改善提案、仮説、事実、検証、提案、効果測定の方法まで丁寧に整理しまとめられていた。
  5. これらの総合力と併せて、最終的には受注データと各支社の地理的データを応用した高度な分析ダッシュボードが決め手となり、テクニカル賞の授与にいたった。


当社参加チームが開発したアプリの画面

当社は、2008年12月からQlik製品の販売パートナーとなり、導入から保守・運用まで総合的な技術サポートをお客さまに提供してまいりました。今後も当社は、数多くの実績と培ってきた豊富なノウハウを生かして、お客さま業務の高度化・効率化を強力に支援してまいります。

関連リンク

関連リンク

セルフサービス型BIプラットフォーム「Qlik Sense Enterprise」
使いやすいインターフェースと直観的な操作で簡単に分析レポートを作成するBIプラットフォームです。
セルフサービス型BIプラットフォーム「Qlik Sense Enterprise」へ
インメモリ型BIプラットフォーム「QlikView」
散在する情報を可視化し活用するためのBIプラットフォームです。
インメモリ型BIプラットフォーム「QlikView」へ
Qlikのかんたんレポーティングツール「Qlik NPrinting」
レポート作成、配布、スケジューリン グ機能を有する、Qlik用のレポーティングツールです。
Qlikのかんたんレポーティングツール「Qlik NPrinting」へ