ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

国立大学法人浜松医科大学は、既存のイムノクロマトグラフィ(抗原検査)キットに対し新検査法を開発し、新型コロナウイルスの検査における高感度化実証実験を実施しました。
本検査法はイムノクロマトグラフィのマーカーとして用いられている金属ナノ粒子を走査型電子顕微鏡(SEM)で観察・カウンティングすることで高感度、かつ迅速な検査を可能とします。当社は本検査法で必要となる画像解析に関して技術協力しました。

本実証実験では、浜松医科大学光尖端医学教育研究センターナノスーツ開発研究部と浜松医科大学附属病院検査部、浜松医療センターが協力して、新型コロナウイルス疑い患者に対して本検査法とPCR 検査を同時に行いました。その結果、本検査法を用いることで、PCR に匹敵する高感度な検査を迅速に実施できることがわかりました。

今回得られた結果より、高感度・迅速性を有する本検査法を社会実装することで、救急現場や入管検査で利用することはもちろん、PCR法などと併用することで、罹患者への貢献はもとより、地域や国内外の社会免疫の広がりを知ることも可能となり、安心・安全な社会の構築に役立つことができると期待されます。

関連ページ

関連リンク

感染症予報サービス
流行予測AIを活用し、医療機関を中心としたさまざまなデータを基に、地域別の感染症の流行予報を提供します。
感染症予報サービスへ