ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

業務改善におけるデータ利活用を支援するExcelアドインを機能強化

〜「セルフETLアシスタント」に複数ファイルのマージ機能を追加〜

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2021年7月30日
株式会社日立社会情報サービス

業務改善におけるデータ利活用を支援するExcelアドインを機能強化
〜「セルフETLアシスタント」に複数ファイルのマージ機能を追加〜

株式会社日立社会情報サービス(代表取締役 取締役社長:松谷 淳)は、Excel業務の高度化・効率化を支援するExcelアドイン「セルフETLアシスタント」の機能を強化し、7月30日より提供開始します。

社内業務の改善には、日々蓄積されるデータを有効に活用することが求められています。しかしながら、そのための業務のWeb化やRPAの導入に対しては、初期投資のハードルの高さから踏み切れない企業が多く、集計や分析などの作業がExcelを駆使して行われている現状があります。

当社はこれまで、「セルフETLアシスタント」の提供を通じて、多くの企業のExcel業務効率化を支援してまいりました。「セルフETLアシスタント」は、Excelで作成されたデータをBI(Business Intelligence)ツールやERP(Enterprise Resources Planning)システムに取り込む際、スムースに連携できるようデータの整形を行うExcelアドインです。現在2つの機能(変換機能*1・転記機能*2)を提供していますが、今回はこのうち変換機能を拡充し、リスト形式に変換された複数のExcelファイルをマージできる仕様としました。これにより、部署別に作成された業績管理表など、同じフォーマットのExcel集計に対応できるようになり、BIツールを使用しなくても容易に一つのデータにマージ・生成することが可能となりました。


図1 サービス概要図

*1
変換機能:「クロステーブル形式」(見出しが縦や横に結合された表)で記述されたExcelシートを、BIツールやERPシステムで処理しやすい「リスト形式」(1行に1データのストレートテーブル)に変換する機能
*2
転記機能:集計・分析後にBIツールやERPシステムから出力された結果を、レポート用のExcelに転記する機能


図2 マージ機能でのファイル作成イメージ

「セルフETLアシスタント」は今後も機能を拡充し、ツール・システムの使用に限らずExcelでのデータ集計やグラフ化の効率化によってユーザーのさらなる負担軽減を図ってまいります。

販売価格

セルフETLアシスタント(変換・マージ・転記)
1ライセンス 年間3,600円(税込:3,960円)

事業目標

2024年度末までに累計1千本の販売を目標とします。

セルフETLアシスタントWebサイト

https://www.hitachi-sis.co.jp/sp/selfetl/index.html

商標注記

・Excelは米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社日立社会情報サービス CSR部 広報グループ [担当:森崎・照屋・原]
〒140-0013
東京都品川区南大井6丁目26番3号 大森ベルポートD館 17階
お問い合わせフォーム:
https://inquiry.hitachi-sis.co.jp/webapp/form/21057_xdfb_2/index.do?a=1

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。