ページの本文へ

株式会社日立社会情報サービス セルフETLアシスタント

セルフETLアシスタント

「変換」「マージ」「転記」の3つの機能で、
Excel集計作業を強力に支援する
Excelアドインツールです。

Excelでの集計業務をご担当のお客さま

複数のファイルを統合したいお客さま

Excel作業を効率化したいお客さま

Excel集計業務に、こんなお悩みはありませんか?

  • 入力フォーマットから集計データのグラフ化の際、グラフ作成用データの準備作業に時間を費やしている。
  • 部署ごとに作成されたファイルを統合し、全社分の集計をする作業にマクロを使用しているが、フォーマットが変わるたびに作り替えている。
  • 基幹システムから取得したデータをExcelでグラフ作成し報告書にしているが、データを元にした入力フォーマットの作成作業に時間がかかる。


「セルフETLアシスタント」
が解決します!

セルフETLアシスタントとは?

セルフETLアシスタントは「変換」「マージ」「転記」の3つの機能で、Excel集計作業を強力に支援するExcelアドインツールです。
報告書用に作成したデータを簡単なGUIでストレート形式のデータに変換し、Excelでグラフ化することで、効率的に作業が実施できます。また、基幹システムから取得したデータを簡単に入力フォーマットのファイルに転記できます。そして、新しく仲間入りした「マージ」機能で複数ファイルを1ファイルに簡単に統合することができるようになりました。
Excelでグラフ作成やサマリー表の作成をされている皆さまのお役に立てること間違いなしのツールです。

  • ストレート形式への変換

    入力用の複数カテゴリーに分類されたExcelファイル形式を、CSVファイルのようなストレート形式のファイルに変換します。

  • 複数ファイルの
    マージ

    複数の入力用ファイルを1つのファイルに結合したり、別ファイルの項目と組み合わせて1つのファイルに格納することができます。項目の順番も自由に変更できます。

  • 別ファイルへの転記

    報告したデータを結果として複数カテゴリーに分類されたExcelファイルに格納したい場合の転記作業をサポートします。

セルフETLアシスタントの機能1

ストレート形式への変換

セルフETLアシスタント紹介映像 変換編

入力用の複数カテゴリーに分類されたExcelファイル形式を、CSVファイルのようなストレート形式のファイルに変換します。

「決算報告書から前年度との差分についてのグラフを作って、見やすくしてほしい」って頼まれたんだけど、報告書のデータってさ、事業部とか本部とかいろんな分類がセル結合されてるんだよね。グラフ作成までのデータ準備が面倒で・・・

簡単なことじゃないですか、「セルフETLアシスタント」の変換機能を使えばいいんですよ。
報告書のようなクロス形式の表から、GUI操作で簡単に、CSVのようなストレート形式のデータになりますよ。

  • 変換したデータは、変換前のファイルの中に別シートで保存することができます。報告書のシートを変更すると、ストレート形式のデータも更新され、すぐにグラフ作成ができます。
  • 1度変換した定義を残しておけば、データが変更されても同じ定義を使用していつでもストレート形式のデータが作成可能です。

機能2

複数ファイルのマージ

複数の入力用ファイルを1つのファイルに結合したり、別ファイルの項目と組み合わせて1つのファイルに格納することができます。項目の順番も自由に変更できます。

今度は各部署から送ってもらうファイルの集計を頼まれちゃった。最初のうちはなんとか計算式を入れて集計してたんだけど、後から後からドンドンくるんだよ・・・

簡単なことじゃないですか、「セルフETLアシスタント」のマージ機能を使えばいいんですよ。変換機能で変換した後に、マージ機能で1つのファイルに結合することができます。

  • 複数の同一フォーマットのファイルに格納された項目を、GUI操作だけで1ファイルに統合できます。統合する項目を選択することもできます。
  • 単純にデータを1つのファイルに格納するだけでなく、統合した各ファイルを識別する項目を分類として追加することもできます。

機能3

別ファイルへの転記

セルフETLアシスタント紹介映像 転記編

報告したデータを結果として複数カテゴリーに分類されたExcelファイルに格納したい場合の転記作業をサポートします。

じゃあさ、基幹システムから取り出した売上データを、部署ごとのファイルに切り出すことってできる?今年度の見通しデータを作成するのに、現在までの実績データを出してほしいって言われてさ・・・

簡単なことじゃないですか、「セルフETLアシスタント」の転記機能を使えばいいんですよ。
基幹システムから取り出した売上データを、Excelで部署ごとに集計した後、フォーマットファイルに一括転記することができます。

  • 基幹システムから取り出したストレート形式のデータを、クロス形式に必要な項目だけ指定して転記できます。
  • 合計欄や他の項目から計算して算出するような項目は、上書きしないよう除外できます。

ご利用の流れ

まずは無料トライアル!

ダウンロードサイトからダウンロード後、1カ月間無料トライアルできます。
Excel作業を少しでも効率化したい方はぜひお試しください。

  • 1

    購入申し込み

    トライアル中の「セルフETLアシスタント」内から購入申し込みができます。
    本サイトの「無料トライアル・購入ページ」からの購入申し込みもできます。

  • 2

    決済

    購入申し込みページから、【オープンクラウドマーケットプレース】サイトに移動します。

  • 3

    ライセンス適用

    決済が完了すると、メールにてライセンスが届きます。記載された手順にしたがってライセンスを適用ください。

価格

製品名

  • セルフETLアシスタント

単位

  • 1ユーザー

価格

  • 月額

    300円
    (税込み:330円)

  • 年間

    3,600円
    (税込み:3,960円)

動作環境

対応機種 PC/AT 互換機
対応OS Microsoft(R) Windows Server(R) 2012 Standard
Microsoft(R) Windows Server(R) 2012 Datacenter
Microsoft(R)Windows(R)8.1 Pro
Microsoft(R)Windows(R)8.1 Enterprise
Microsoft(R)Windows Server(R) 2012 R2 Standard
Microsoft(R)Windows Server(R) 2012 R2 Datacenter
Microsoft(R)Windows(R)10 Pro
Microsoft(R)Windows(R)10 Enterprise
Microsoft(R)Windows Server(R) 2016 Standard
Microsoft(R)Windows Server(R) 2016 Datacenter
CPU x64 2GHz 以上(インテル(R)Core2 Duo 2GHz 以上推奨)
動作メモリ 2GB 以上
ディスク容量 100MB
前提ソフトウェア ・.NET Framework 4.0 以降
・Microsoft(R) Excel 2016(x86,x64)
 Microsoft(R) Excel 2019(x86,x64)
 Microsoft(R) Office 365 ProPlus(x86,x64)(バージョン2104)のいずれか

リーフレットダウンロード

リーフレット表紙イメージ
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。

セルフETLアシスタント に関する
資料請求やお見積り・ご相談など、
ぜひお気軽にお問い合わせください。