ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

生活習慣病予防効果のデータ分析サービス

医療保険者向けの医療費適正化支援サービスを提供します。

お問い合わせフォーム
生活習慣病予防効果のデータ分析サービスに関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

医療保険者向けに、主に生活習慣病の予防医療に対して医療費推移や効果分析を行い、医療費抑制に向けた目標やそれに関わる各種指標を設定し、保健事業の改善効果をはかるサービスを提供します。

※生活習慣病予防効果のデータ分析サービスは、データ分析を実施し、分析結果レポート(分析結果報告書)をご提示するサービスです。

医療保険者の課題

少子高齢化や定年延長による高齢化比率の上昇に伴い、医療保険者は医療費の増加を抑制しなければならない状況となっています。医療保険者のみなさま、以下のような課題・お悩みはありませんか?

  • データヘルス計画の作成が負担になっている。
  • もっと保健事業に参加してもらって健康になってもらいたい。
  • データヘルス計画のアウトプット(※1)・アウトカム指標(※2)をどのように設定すればいいのかわからない。指標の振り返りに時間がかかる。
  • データ分析にもとづいたデータヘルス計画になっているのか?課題は「見える化」できているのか?
*1
アウトプット:事業を実施することによって直接発生した成果物・事業実施量(例 健診実施率、保健指導実施率)
*2
アウトカム:事業によって生じた状態・結果(例 内臓脂肪減少率)

本ソリューションサービスの特長

Plan(計画)

・データヘルスPlan決定支援
・Do施策選定支援

データヘルス計画策定の作業負荷を軽減します。データ分析にもとづくアウトプット/アウトカム指標の設定を実施します。

Do(実施)

・保健指導
・IoT活用による健康促進

加入者自身の「8大疾病(※3)リスク予測/予測の高リスク要因/健診結果」の情報提供を実施し、保健事業への参加をうながします。

Check(評価)

・現在情報提供
・経年分析

健診・レセプトデータのデータ分析を行い、保険者課題の「見える化」を実施します。データの現状分析に加え、AIを活用し重症疾病リスク予測分析を行います。

Action(改善)

医療費抑制・適正化観点のコンサルテーション提供

健診・レセプトデータの分析結果にもとづき、データヘルス計画のアウトプット/アウトカム指標の振り返りを実施します。

*3
8大疾病:糖尿病、脳血管疾患、腎疾患、心血管疾患、高血圧性疾患、膵疾患、肝疾患、悪性新生物

生活習慣病予防効果のデータ分析レポートご提示までの流れ

1.

【データ分析する範囲の決定】
・データヘルス計画に沿ったコンサルテーションを行い、データ分析する範囲を相談し決定します。
・分析用に借用するデータを決定します。

2.

【データ分析】
・お預かりしたデータに沿って分析を行います。
<健診データ・レセプトデータなどの現状分析>
生活習慣病予備群・重症化予防対象者・保健事業効果の経年変化分析、他
<予測分析>
重症疾病リスク予測、リスク因子抽出、他

3.

【評価/データ分析レポート作成】
・保健事業実績を振り返ります。(Check)
・分析結果を評価し、保険者の課題を抽出します。(Action)
・保健事業目標値などのアウトプット/アウトカム指標(案)を設定します。(Plan)
・データヘルス・ポータルサイトの内容に沿って分析レポート(分析結果報告書)を作成します。

4.

【データ分析レポートの提示】
・分析レポート(分析結果報告書)を提出します。
・データ分析にもとづいて抽出した課題や、アウトプット/アウトカム指標(案)をご説明し、医療保険者と共有します。

資料請求・お問い合わせ

生活習慣病予防効果のデータ分析サービスの詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。