ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

働き方改革に寄与するExcel活用業務の高度化・効率化 「超xlsサービス」

Excelを活用した業務について、もっと手軽で高度なデータ分析を実現します。

お問い合わせフォーム
働き方改革に寄与するExcel活用業務の高度化・効率化「超xlsサービス」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

身近な業務データの集計・分析を行う場合、IT部署や分析部署に依頼するのではなく、実務担当者がExcelを活用して行うケースが多いと思います。
当社は、Excelによる集計や形式変換に時間を割いているご担当者を煩わしい作業から解放し、「もっと手軽で高度なデータ分析をしていただきたい」という思いから「超xls(エックスエルエス)サービス」を提供しています。Excelを活用する業務の効率化、高度化が、働き方改革にも寄与すると考えています。

Excel活用業務の課題

【課題1】 各現場で入力されたファイルを、1ファイルにマージするのが大変!

各現場にデータ入力してもらう手段としてExcelを利用していませんか? 入力用フォームを作成して各現場に配布・回収して得られたデータを集計するためにマクロを駆使していませんか?

【課題2】 そもそも入力用フォームのデータを集計するのが大変!

データ入力用フォームは、人が入力するために分かりやすい構造(多階層のクロス集計形式など)にしがちです。入力データをさまざまな条件で集計するときになって、手間がかかっていませんか?

【課題3】 期待するグラフを作成するために、集計表を再作成する必要がある!

データを可視化するためにグラフ化することは一般的です。しかしデータの特徴を示すグラフを作るために、新たな集計表を作成することになっていませんか?

「超xlsサービス」の特長

【特長1】 セルフBIを活用して、集計・分析を高度化・効率化します

入力、収集されたExcelファイルでのデータをセルフBIに取り込むことで、集計・分析を高度化・効率化することができます。しかも実務担当者がIT部署や分析部署の手を借りずに実現できます。

【特長2】 手元の既存Excelファイルからのデータ取り込みを容易にします

データ入力用フォーム(多階層のクロス集計形式など)は、セルフBIであっても取り込むのも難しいものです。「超xlsサービス」では、Excelアドインソフト「セルフETLアシスタント」でセルフBIに取り込みやすい形式に変換できます。

【特長3】 事例をテンプレートとして活用していただくエコシステムを提供します

身近な業務データの分析事例をテンプレートとして活用いただけます。実務に近い事例を参照することで早期に集計・分析を実現できます。

「超xlsサービス」のユースケース

「超xlsサービス」のユースケース
1.

販売見通しの可視化による業績管理

Excel管理している見通しデータと、基幹システムに蓄積される実績データをブレンドして可視化

2.

勤怠データの可視化による法令順守チェック

勤怠システムに日々登録されるデータとExcel管理の残業計画などを元に、働き方改革法への順守状況をチェック

3.

社員の業務スキル管理

Excel管理している資格取得状況、研修受講履歴、人事評価履歴などを包括的に可視化

資料請求・お問い合わせ

働き方改革に寄与するExcel活用業務の高度化・効率化「超xlsサービス」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。