ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

Outlookアドイン型メール誤送信防止ソリューション「WISE Alert」

情報漏えいの一因であるメール誤送信をOutlookアドインで防止するソリューションです。

お問い合わせフォーム
Outlookアドイン型メール誤送信防止ソリューション「WISE Alert」に関する資料請求やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メールの誤送信防止やヒューマンエラー対策に、お悩みの方へ

このようなお悩みはありませんか?

  • メールを送るときの宛先確認がやりにくい
  • 添付ファイルを送るたびに暗号化したり、ファイル共有で送るのが面倒だ
  • 怪しい添付ファイル・URLがついたメールを開いてしまったことがある
  • Bccで送らないといけないところを間違えてCcで送ってしまった!
  • 添付ファイルを送るときに、上司をCcに入れておかないといけないのに忘れてしまった!
  • メールを送ってから、宛先や添付ファイルが間違っていたことに気が付いた!

そのお悩みを、当社のメール誤送信防止ソリューション「WISE Alert」が解決します

電子メールの「うっかり誤送信」をストップ!

現在のビジネスコミュニケーションにおいて、電子メールは必要不可欠となっています。その一方、電子メールからの顧客情報・個人情報の漏えい事故は後を絶ちません。特に添付ファイルには、企業や取引先の情報を含むことが多いため対策が必要とされています。
「WISE Alert」(※1)は、企業のメール管理における誤送信防止の要求に応え、メール利用者の誰もが直面する誤送信リスクに対応します。また、メールセキュリティのWISEシリーズにて電子メールにまつわるさまざまな問題を解決します。

Outlookアドイン型メール誤送信防止ソリューション「WISE Alert」に関する最新のニュースリリース

製品概要

「WISE Alert」は、送信時に表示されるポップアップ画面で、差出人・宛先・添付ファイルなどの情報を一目で確認することができ、メールの誤送信防止に効果を発揮する専用サーバ不要で導入可能なOutlookアドインです。

特長

1.メール送信時に送信Alert画面が表示され、宛先確認がわかりやすい

送信時にポップアップで表示される送信Alert画面により、外部ドメイン宛は赤字、内部ドメイン宛は青字で表示されるなど、送信者自身での確認を行いやすくなります。

2.添付ファイルの暗号化やファイル共有を自動化

下記4通りの添付ファイル送付方法で、自動的に暗号化、PPAP対策として添付ファイルをファイル共有サービス(OneDrive、BOX)に自動的に分離して送付することができます。また、暗号化したファイルの解凍パスワードも別メールで自動送信できます。

  • そのまま送信する
  • ZIP暗号化して送信する(AES-256対応)
  • OneDriveでリンク共有する(※OneDriveは別途契約が必要)
  • Boxでリンク共有する(※Boxは別途契約が必要)

3.怪しい添付ファイル・URLがついたメールを開いてしまったら、警告を表示

見過ごしてしまいがちな「なりすましメール」や「フィッシング攻撃」などの怪しいメールに対して警告され、脅威に備えることができます。

※受信Alert条件をあらかじめ設定しておく必要があります。

4.社外宛先を含むメールには、確認ダイアログを表示

メール送信時に、ToとCcの社外宛先件数が指定された件数以上の場合、確認ダイアログが表示されBcc変換することができます。

5.添付ファイル付きのメールなどの条件設定で、上司のアドレスを自動付与

添付ファイル付き、添付ファイルサイズ、外部ドメインを宛先に含むなどの条件を設定でき、上司アドレスはCc/Bccどちらかに自動付与することができます。

6.保留時間内であれば送信キャンセルも可能

送信トレイにメールを一定時間保留し、保留時間内であれば送信をキャンセルすることができます。また、即時送信ボタンの押下により保留されたメールの即時送信も可能です。

資料請求・お問い合わせ

Outlookアドイン型メール誤送信防止ソリューション「WISE Alert」の詳しいご案内やお見積もり、ご質問・ご相談やカタログの請求などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※1 「WISE Alert」は、株式会社エアーの製品です。