ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

顔認証「FaceViTAL」

生体認証の技術を活用した、なりすまし・不正利用を防御する顔認証エンジン。
カメラを用いた本人確認で、PCログオンやアプリ組み込み、デバイス認証などに活用できます。マスク着用時も認証可。

顔認証「FaceViTAL」とは、生体認証の技術を活用した、
なりすまし・不正利用を防御する顔認証エンジン

顔認証「FaceViTAL」は、国内大学の研究成果を元に開発された、新しいアルゴリズムを採用した顔認証エンジンです。周波数画像解析・画像圧縮技術を用いた独自の方式で顔の特徴点を抽出、顔画像同士の比較ではなく、特徴点の比較により認証します。
一般的なカメラを用いた本人確認で、PCログオンやアプリ組み込み、デバイス認証などに活用できます。マスク着用時も高精度な顔認証が可能です。

マスク着用時も顔認証できます

マスク着用時も顔認証できます

マスクをしての顔認証は可能です。コロナ禍でマスクをする機会が多いですが、マスクを外さず顔認証することができます。
顔の大部分を覆ってしまうような状況では十分な精度が得られない場合があります。運用時にはマスク着用・未着用の両データを保存することで認証しやすくすることも可能です。

  • 顔認証「FaceViTAL」PCログオンの画像

    顔認証 PCログオン

    Windowsのログオンに特化した顔認証です。一般的なカメラ付きパソコン・スマートデバイスにインストールすれば、ログオン時の認証に顔認証を使用できます。

  • 顔認証「FaceViTAL」アプリ開発キット(SDK)の画像

    顔認証 アプリ開発キット(SDK)

    環境に合わせて、自由に認証設計を行える組み込み開発用キットです。顔認証「FaceViTAL」のSDKは関数のラッパーやコンソールアプリが付いているので、簡単に実装できます。

顔認証「FaceViTAL」の認証処理方式

顔認証「FaceViTAL」では、カメラからの入力画像もしくは画像ファイルから顔の位置を特定する瞳検出処理、そこから特徴情報(テンプレート)を生成するテンプレート作成処理、それらのテンプレートを他のテンプレートと比較する認証処理を提供します。

カメラで顔を撮影→瞳を検出・顔を切り出し→テンプレートと比較→照合結果とログ記録

顔認証「FaceViTAL」の特長

  • 特長

    1

    高速・コンパクト設計で、スマートフォン・タブレットなどのモバイル端末でも認証可能

    CPUに負荷のかかる浮動小数点演算を極力減らし、アルゴリズムの高速化を実現しました。最新のタブレットやスマートフォンを含む組み込みデバイスへの移植も容易です。

  • 特長

    2

    1Kバイトの極小認証用テンプレート

    周波数解析・画像圧縮技術から派生した独自の認証方式を採用し、顔の特徴情報を最小限のサイズまで軽量化することに成功しました。

  • 特長

    3

    国内外で特許を取得

    顔認証「FaceViTAL」の認証アルゴリズムは国内外で特許を取得しています。

  • 特長

    4

    さまざまなシステムとの連携をサポート

    開発者向けに、顔認証「FaceViTAL」ライブラリの提供およびAPIを公開します。添付のチュートリアルによる実装サンプルを参照することで、自社システムへの導入や連携が容易になります。

  • 特長

    5

    非接触で、特殊な読み取り装置が不要

    「かざす・触る・話す」などの必要がないため、衛生面・心理面で利用者の負担を軽減します。そして、顔認証「FaceViTAL」の認証技術ならば、低価格なWebカメラでも認証可能です。


顔認証「FaceViTAL」の導入事例

顔認証「FaceViTAL」は、さまざまな分野で活用・導入されています。

社会福祉法人 誠豊会 ぽぷらの樹様

社会福祉法人 誠豊会 ぽぷらの樹様

PC操作に不慣れな職員でも手軽にログオンでき、セキュアで効率的な業務環境を実現。認証サーバを必要としないため、災害時や緊急時などにおける事業の継続性を確保。

顔認証「FaceViTAL」の主な導入実績

  • IT点呼システムのアルコールチェックに顔認証を採用

    IT点呼システムのアルコールチェックに顔認証を採用

    IT点呼システムのアルコールチェックに、顔認証を採用。安全運転管理者と運転者に義務化された「点呼時のアルコールチェック」の信頼性を向上。

  • ヘルメット・手袋をしたまま、工事現場で顔認証

    ヘルメット・手袋をしたまま、工事現場で顔認証

    屋外で工事担当者がヘルメット・手袋をしたままで、安全で手軽にタブレット端末にログオンできます。パスワード入力や指紋認証が適さない環境でも、顔認証による非接触な生体認証なら、効率的なセキュリティ対策が可能。

  • 顔認証により、勤怠管理のなりすましを防止

    顔認証により、勤怠管理のなりすましを防止

    タブレット端末を活用した勤怠管理にあたり、不正打刻を防ぐため、生体認証を導入。各顧客先の事業所にタブレット端末を活用した顔認証を導入することで、従業員やパート従業員の勤怠管理のなりすましを防止。

  • 営業タブレット端末に、顔認証を加えた二段階認証

    営業タブレット端末に、顔認証を加えた二段階認証

    営業タブレット端末の起動時のログイン認証において、ライブラリ提供型で自由度の高い開発により、従来のID・パスワードによる運用から、顔認証を加えた二段階認証を実現。顔認証で、なりすましやパソコンの不正利用を防ぎ、高いセキュリティで効率的なログインが可能。

  • 小学校のパソコン授業で、顔認証によるログオン操作

    小学校のパソコン授業で、顔認証によるログオン操作

    ID・パスワードの管理が難しい低学年児童でも、自分の顔をパソコンのカメラに向けるだけで手軽にパソコンにログオンできます。パスワード入力が不要な顔認証により、学校の教職員や児童の負担を抑えつつ、スムーズな授業開始を支援。

お知らせ

顔認証「FaceViTAL」に関する
資料請求やお見積り・ご相談など、
ぜひお気軽にお問い合わせください。