ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立社会情報サービス

1.健康経営宣言(健康経営推進の目的)

当社は、「安全と健康を守ることは全てに優先する」という日立グループ基本理念のもと、活力ある企業風土・文化の醸成を図るべく各種健康施策を推進しています。
社員が健康でイキイキと働ける職場づくりは、ワークライフバランスの推進と経営の総合力を高める上でも有効です。健康経営の取り組みを、重要な経営課題として位置づけ、全社員が笑顔で、自身の成長が感じられる会社づくりに努めることを、ここに宣言いたします。

代表取締役 取締役社長 松谷 淳

2.推進体制図


推進体制図

3.健康課題と取り組み内容

社員の健康管理を経営的な視点で捉え、各種健康経営施策を実行し、社員の健康づくりのサポートを実施する。

(1)メンタルヘルス罹病率の低減

  • 若手社員を対象としたコミュニケーションスキル、ストレス耐性の向上施策
  • 指導員、主任相当職を対象とした傾聴スキルの向上や、不調の気づきを目的とした取り組み
  • 再発防止に向けた復職者の就業状況の見える化

(2)総労働時間の削減

  • テレワークやスーパーフレックスタイム制度の整備による時間と場所にとらわれない働き方の推進
  • 連続休暇取得の推奨や時間単位での年次有給休暇の取得
  • 就業管理ツールの導入による就業情報の見える化

(3)生活習慣病の予防

  • 健診結果に基づく医療スタッフによる保健指導
  • 健康セミナー等の実施による健康意識の向上
  • 運動不足解消の為の運動イベントの実施

4.活動計画

全社活動を意識して活動できるように、四半期ごとに、主要テーマを設定。
社員が健康意識をもち自主的に参加できるプログラムを実施する。

2020年度活動計画

2020年度活動計画
時期 推進テーマ 主な活動内容 全国イベント
2020年1Q 新型コロナウイルスの感染予防 新型コロナウイルス感染予防施策の実施 全国安全週間(準備月間)(6月)
2020年2Q 健康意識の向上
転倒災害の防止
健康増進、運動不足解消の為の施策及び転倒災害防止施策の実施

全国安全週間(7月)
防災月間(9月)
全国労働衛生週間準備月間(9月)

2020年3Q こころの健康づくり メンタルヘルスの予防および再発防止対策 全国労働衛生週間(10月)
2020年4Q 生活習慣病の予防 生活習慣の見直しによる健康維持 生活習慣病予防週間(2月)

5.健康増進イベント


健康セミナーの様子

社員の健康維持・増進施策の一環として、RIZAP(株)による健康セミナーを各拠点にて実施しております。
参加人数:計97名(4回実施)

社内のコミュニケーション機会の創出、健康増進施策として、ウォーキングイベントを実施しています。
6月〜7月:新入社員約130名対象
10月〜11月:全社員約2300名対象


ウォーキングイベントの様子

6.健康指標評価

健康指標評価
 

2017年度実績

2018年度実績

2020年度目標値

参考値*
肥満該当者(BMI 25以上)

32.4%

34.6%

31.0%

33.3%

高血糖該当者
(ヘモグロビンA1c 7%以上)

3.6%

4.1%

3.5%

3.5%

高血圧該当者
(上160以上 下100以上)

2.6%

3.4%

3.0%

3.3%

脂質異常該当者
(LDLコレステロール 180mg以上)

5.9%

6.3%

5.7%

4.1%

喫煙率

27.8%

27.0%

25.0%

30.9%

総労働時間

1998時間

1964時間

1950時間

-

メンタルヘルス罹病率

0.91%

1.04%

0.8%未満

-
*参考値:2018年度(日立健康保険組合)平均値